fbpx

映像業界から離れたい 映像業界に興味がある

アシスタントディレクター(AD)はどういう点がきついのか?

投稿日:

テレビのアシスタントディレクター(AD)はきつい仕事だと言われていますが、実際かなりの激務です。そこで、どんな点がきついのかを見ていきます。

 

企画のための資料集めやリサーチが膨大

ADの役割は番組制作の準備全般です。

 

雑用から何から何まですることになるので、仕事量は非常に多く、職場から帰れない日もあります。

 

番組制作のスタートは企画会議であり、その企画はディレクターや構成作家が持ち寄りますが、ADは彼らの仕事をやりやすくするために、必要な資料を集めたり情報をリサーチしたりといった下準備をするのが仕事です。

ADは一人のディレクターの指示だけ聞いていればよいわけではなく、何人ものディレクターの命を受けて仕事を行うため、よほど効率よく進められなければ資料集めやリサーチだけで日が暮れてしまいます。

 

そのため、何日も泊まり込みで作業することになるのです。

 

撮影準備の仕事量も膨大

企画が通ったらロケや撮影の準備に入りますが、ここでもディレクターの指示のもと、ADが必要な機材や小道具、人員などを準備します。

 

準備したものがディレクターのイメージと違っていると容赦なく叱責されることも珍しくありません。

 

叱られるだけならともかく、すべて最初からやり直しになるため、よほどディレクターと意思疎通ができていない限り業務量は増える一方です。

 

その状況で上司からは「まだか」「早くしろ」「使えねーな!」とせっつかれるわけですから、肉体的にだけでなく精神的にもきつい思いをします。

 

その後も続く過酷な作業の連続

番組制作はその後もロケ収録、編集と続いていきますが、それらもかなりハードです。

 

徹夜でロケや編集作業に追われることは珍しくないですし、ただ作業をこなすだけでなく、将来のためにロケや編集法を積極的に勉強することも大切ですから、気力も体力も人一倍ある人でないと日に日に摩耗していきます。

現在、ディレクターとして活躍している人たちは、自分の手でテレビを作りたいという熱い思いでこうした激務をこなしてきました。彼らに追い付き追い越すには、それ以上の熱意が必要なのです。

 

意外に選択枠に入ってこないリゾートバイト

心身リフレッシュをしつつ貯金をして気分転換するという選択

 

映像の仕事をしていると24時間画面に向かいっぱなしでブルーライトをがんがん浴びて、今日が何日なのか日付感覚もなくなっていく泥沼な感じ。

薄黒い編集室でタバコと汗のニオイに囲まれて完パケを作る作業におわれて心身ともに疲れ切っちゃいますよね

 

私はめっちゃ疲れ切っていました。

 

そんな中で若い頃は会社をやめて転職活動をする前に一度心身のリフレッシュも兼ねて リゾートバイト をしていました。

 

リゾートバイトとは?

北海道~沖縄までの全国リゾート地のホテル、旅館、ペンション、民宿、テーマパーク、スキー場、ゴルフ場、キャンプ場、アウトドア施設、海の家、農家、牧場などで、寮・社宅に住み込みではたらくお仕事のことです。

リゾバの募集期間は、短期、長期、夏休み期間、スキーシーズン、GW、年末年始など様々です。

アルバイト・派遣・正社員の雇用形態で募集をしています。

引用元: 【リゾートバイト.net】

 

簡単に言うと、リゾート地のホテルなどの従業員をやると仕事と旅行が一緒にできちゃうよ!っていうものです。

これが意外に新しい友だちができたり、思いがけない出会いや思い出につながったりするので楽しいんですよ

 

わたしがよく使っていたのは、 【リゾートバイト.net】 です。

リゾートバイト自体は ハッシャダイリゾート リゾバ.com など他にもあったりします。

取り扱っている会社によって特色が若干違うので合うやつを探してみてください。

ハッシャダイリゾート なんかはLINEでだけで完結したりするので、かなり楽だったりします。

 

リゾートバイトの仕事のいいところはいくつもあるのですが、個人的におすすめする点を3つご紹介したいと思います。

 

step
1
旅行気分でリフレッシュができる

リゾートバイトはその名の通りリゾート地に行ってアルバイトすることで観光や遊びを兼ねて働くことができます。

わたしは映像の仕事に疲れて他の会社に移る前に一度温泉旅館などのリゾートバイトを使っていました。

 

温泉旅行に行く代わりにリゾートバイトを利用して遊びに行くような感じです。

 

もちろんバイトなので働くなくてはいけないのですが、きちんと休日もあるので休みのときは

 

朝起きて温泉に入って

ちょっと近くを観光して

帰ってきて温泉入ってと

ずーっっっとだらけていました。

 

正直コレ本当におすすめです。

めっちゃ心が洗われます。

 

ハッシャダイリゾート は定期的に渡航費やGoProなどのカメラをくれるキャンペーンをしていたり

リゾバ.com 温泉地の特集 などをしていたりします。

わたしイチオシの 【リゾートバイト.net】 は寮が完備してある+bePOINTという独自のポイントサービスをやっていて、働い時間に応じてポイントが溜まって、ポイントをアマゾンギフト券などに交換ができるのですごくホクホクしたのを覚えています。

 

step
2
お金を貯金するのに最適

step1でもちらっと書いたのですが、寮や旅館、民宿などに泊まることになるのでお金を使うことがありません。

料理もほとんどの場合はまかないとして出るので食費もかからない。(かかる場合もあります)

 

なのでマンションやアパートを契約したままの状態であったとしてもガッツリお金を貯めることができます。

大抵自分は近くのトランクルームに荷物を預けて引っ越しするつもりでリゾートバイトに行ってました。

気分を一新するためですね。

自分はだいたい3ヶ月ほど温泉宿に働きに行って50万ほど貯まって帰ってきていたので、それを使って新しい引越し先を見つけていました。

 

ご飯などもその旅行先にあったものが食べれるので旬のおいしい料理を食べて温泉入ってお金が貯まって帰ってくるというイイことづくしでした。

 

step
3
お祝い金がもらえたりなど特典がアツい

【リゾートバイト.net】 はお祝い金がもらえたり、仕事先がゲレンデの場合はリフト券がもらえたりなどかなり特典がおいしいです。

また 【リゾートバイト.net】 はStep2でも説明したbePOINTというものを独自に採用しているので1時間働いて10Pで『1P=1円』のアマゾンギフト券と交換してくれたりします。

各社色々なサービスをやっているので、比較検討してみてください。

 

リゾートバイトはこんな方にオススメ

  • 疲れたからちょっと映像の仕事を離れてゆっくりしたいけど、また映像の仕事に戻りたい
  • リゾート地に旅行がてらいって気持ちをリフレッシュしたい。


 

こちらもCHECK

1

映像業界の転職ってなんでこんなややこしいの!? 映像業界に入るときも、映像業界の転職のときも、あわせて5回ほど転職活動をしてきましたが、すんなり転職ができた事がありません。 未経験のときは実務経験に悩 ...

2

経験者でも未経験者でもゲーム業界に転職したい!と思い立った際には色々と条件があると思います。 有名なタイトルに携わりたい ワークライフバランスを落ち着かせたい 給料がもっと欲しい 人によって転職する際 ...

-映像業界から離れたい, 映像業界に興味がある
-, , ,

Copyright© 映像編集転職サイト , 2019 All Rights Reserved.