fbpx

映像業界に興味がある

映像業界の転職求人で未経験可がすごく多いのはなんでだ!?

投稿日:

転職サイトでよく見る…「未経験可」というワード

未経験可っていうのその響きだけだととてもありがたいですよね。

 

このページを見ているということは

  • 趣味が高じて映像の世界に入りたい
  • 感動する作品出会えたからあの作品のようなものに携わりたい
  • 映画やドラマ、CMなどで自分の作品をみんなに見てもらいたい

いろいろと理由はあると思います。

 

さて、未経験可ですが、サイトではこんな感じで記載されていて。

本当に未経験でもいいのかな…と思いますよね

とくに高卒以上と書いてあっても、本当に未経験でもいいの…?

 

これって言葉だけで実は断られるやつじゃないの…?

 

と応募するのに躊躇しますよね?

実際に最初にわたしが応募するとき、

まったく映像の仕事とかやったことないけどいいのかな…
応募して面接で怒られないかな…

と不安になっていました。

 

映像の会社の内情やスタッフ、管理職としてどうなのか?

実際のところどうなの?本当に未経験でもいいの?と

映像の会社で面接官も努めて採用する立場も経験してわかった「未経験可」というワードを組みといて行きましょう!

未経験可という映像業界…なんでそんなに未経験OKが多いの?

映像業界の仕事を履歴書などで書くときは、総じて技術職になります。

サイトなどによってはクリエイト職映像クリエイターというちょっとかっこいいものもあったりします。

 

さて、映像業界に入社して、独り立ちをするまでどのくらいかかるでしょうか?

早い遅いはありますが最初はサブアシスタントというアシスタントの隣について仕事に就きます。

遅い早いの差はありますが、3ヶ月ほど経ってある程度仕事ができるようになると、サブアシスタントからアシスタントになれます。

 

アシスタントになるまでは覚えることはとてもたくさんあります。

制作の現場でもADとして仕事場を回せるようになるまでは早くても半年はかかりますし、

エディターとして一人前にしごとができるようになるのにも2年から3年。

また先輩が詰まっていればいつまでたってもエディターやディレクターになりません。

 

さて、大手企業は別です。

人件費に余裕があるので社内研修もしっかりして、しっかりと人材教育をしてくれますが中小企業ではそのような余裕がありません。

 

そのような状況から中小企業は経験者を雇いたい。

ただ、この業界は経験者がとても少ない…

わたしが求人を扱っていたときも20代後半や30代なかばくらいの働き盛りのエディターは死ぬほど欲しかったです。

来たら即採用になるレベルなのですが、本気で人材が足りていないんです。

 

そうするとどうなるか…

未経験者を育てる余裕が無いけど未経験者を育てないといけない

となるわけです

 

映像の業界でも営業や事務などを募集した際にはすぐに採用が集まりました

2-3日で10通くらいの応募があったのには正直驚きましたが…

逆に映像の技術職の方は経験者のみにしたら2週間掲載して1通も来ないことも有りました

 

また最近がFinalCutProやPremiereなど、家のパソコンだけで作業ができることが浸透してきましたが、

プロの現場だと、どうやっても必要な機材などで数百万から数千万の投資がかかってきたりするので、独学だけで勉強するには限度があるんです。

また素人は絶対にテレビに出すコンテンツを作ることができません。

仮にできたとしても、それはNGをくらって突き返されるのが関の山です。

 

さて、少し話がそれましたがそのような状況下で経験者ありにすると人が集まらずに、掲載料が無駄になってしまうのです。

でしたら、未経験可でも未経験の方を入れないと人員が増えないので困ってしまうのです。

 

またクリエイター系の専門の求人サイトなどもあるのですが、人の入れ替わりがはげしい中小企業は高すぎて掲載できないんです…

掲載するのに数十万かかるのもザラなのです…

 

また映像の業界は徹夜がついて回ります。

若くてやる気があれば徹夜でもやる気や気力でなんとかなるものです。

 

そのような理由で、映像業界は未経験可と謳っているんですね。

なのでアナタが未経験だったとしても、遠慮なく応募してみてください。

私のように採用担当にいる人間は泣いて喜びます。

 

映像業界に未経験でも転職活動をする近道!

映像業界に入りたいならチャレンジをすれば結構サクッと入社できます。

大手企業に面接でお祈りメールを送られるよりもさくっと決まって驚くかもしれません。

 

また正社員だけを狙うのではなくて派遣社員やアルバイトなどを狙ってみるのも手です。

数ヶ月間の期間だったとしても大手のプロダクションなどでの実績があればそれだけで未経験というのを経験者に変えられます。

なので正社員だけで見るのではなく、広い目で見てみてください。

 

またCMや番組などの映像関連の仕事は徹夜などのハードな面もありますがエンドロールに名前が載ったり

自分が作業したものがCMとして流れたりするのを見るととてもやりがいがあります。

 

未経験OKの企業も多いので転職エージェントに登録してエントリーしてみましょう!

 

 

ポイント

CMや番組などの映像の求人や転職は【就職Shop】がオススメ!

就職Shop は、みんなが想像する転職サイトは別で、キャリアコーディネーターが転職を全力でサポートしてくれます。

東京だけではなく千葉や大阪や京都などの案件をたくさんもっているので(8000件以上)年収やライフワークバランスを考慮した相談がしっかりとできます。

それにキャリアコーディネーターがあなたの希望をしっかりと聞いてくれるので、希望は全て伝えましょう。

 

また昨今ネット広告の費用がテレビなどの費用を超えたことでも話題になりました。

なのでWEBの映像クリエイターの求人情報がとても増えています。

 

大手のWEB制作会社や大手の広告代理店などもすごく多いので思いがけない(みんな知っているような)会社からの求人に出会えるかもしれません。

SNSや動画配信サイトでのディレクションなどは福利厚生や給与や勤務体制がすごくよくて

ライフワークバランスもすごくいい案件が多かったりします。

 

また探している最中に映像業界以外の仕事を見つかったらそちらもアタックしてみるのもありだとおもいます。

 

一度登録すると、いい仕事が見つかりますよ!

就職Shop

▼特徴1
書類選考なし
履歴書で落とされることはありません。学歴や資格ではなく、人柄や意欲を評価する企業が集まっています。
「経験よりも人物に魅力を感じたい」「一から育てることでその可能性を大きく伸ばしたい」という想いの企業が集まっています。

▼特長2
企業は100%取材
(2017年4月現在、登録企業数は7,560社)

▼特徴3
幅広い職種での求人

▼特徴4
成長でき、働きやすい、やりがいのある企業へ就職

▼特徴5
「4人に3人は正社員未経験」


 

こちらもCHECK

1

映像業界の転職ってなんでこんなややこしいの!? 映像業界に入るときも、映像業界の転職のときも、あわせて5回ほど転職活動をしてきましたが、すんなり転職ができた事がありません。 未経験のときは実務経験に悩 ...

2

経験者でも未経験者でもゲーム業界に転職したい!と思い立った際には色々と条件があると思います。 有名なタイトルに携わりたい ワークライフバランスを落ち着かせたい 給料がもっと欲しい 人によって転職する際 ...

-映像業界に興味がある

Copyright© 映像編集転職サイト , 2020 All Rights Reserved.